左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

6年連続で過去最高益更新 2020年3月期決算短信 日産化学2020年5月19日

一覧へ

日産化学は5月15日、2020年3月期決算短信(2019年4月~2020年3月31日)を発表した。

同期間の業績は売上高が2068億3700万円で前年比19億4100万円増。営業利益は386億4700万円で15億5600万円増、経常利益は400億300万円で9億500万円増だった。営業利益と経常利益は6年連続で過去最高益を更新し、昨年11月に発表した業績予想値を上回った。

セグメント別で農業化学品部門は、フルララネル(動物用医薬品原薬)が、顧客在庫の影響により減収となった。国内向け農薬は、5月から日本で販売を開始した「グレーシア」(殺虫剤)が好調だった。「ラウンドアップ」(非選択性茎葉処理除草剤)は、上期に自然災害などの影響を受けた昨年より増収となり、さらに下期でも順調に推移した。

海外向け農薬は、「タルガ」(除草剤)が減収となったが、韓国向け「グレーシア」と同第3四半期に買収した「クィンテック」(殺虫剤)が売上に貢献した。

この結果、同部門の売上高は640億3800万円で前年同期比13億1300万円増。営業利益は193億300万円で同9億5200万円増となった。業績予想比で、売上高は3億円、営業利益は3億円の下ぶれとなった。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る