左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「美ら島応援基金」へ130万円寄付 コープネット2013年6月28日

一覧へ

 コープネット事業連合は、もずくの産地である伊平屋村の自然環境保護活動などに役立てる「コープネット美ら島応援基金」に、平成24年度分として130万円を寄付する。

 コープネット事業連合と伊平屋村は25年にわたる取引と交流があり、これを背景に、平成22年7月、もずくが育つ伊平屋村の自然環境保護や、産地と消費者との交流を目的に、「コープネット美ら島応援プロジェクト」を結成した。
 その活動の一環として「コープネット美ら島応援基金」を設置し、事業連合の会員生協で販売する対象商品「CO-OP伊平屋島産味付太もずく」など、伊平屋島産のもずく商品販売1点(1規格)につき1円を基金に寄付してきた。本年度の寄付金額は130万円で、これは商品販売130万点、原料となるもずく約185万トン分に相当する。
 一方、組合員や生産者が生産や消費についての知識と理解を広げ、生産者、加工者、コープ、組合員が一体となって「産直」の取り組みを推進するために、「産地視察・交流 産地の想いをつなぐ」を実施してきた。今年は、7月3日?5日の3日間、「産地視察・交流」を沖縄県島尻郡伊平屋村で実施。関係者21人が参加する。


(関連記事)

パルシステム 農家の野菜レシピ本が大ヒット(2013.06.25)

生産者交流や商品勉強会に3万人 コープネット(2013.06.20)

生協の未来を社会の未来に コープみらい(2013.06.06)

コープみらい 館山市で高齢者見守り事業(2013.05.31)

再生可能エネルギー普及めざす 日本生協連(2013.05.21)

主要生協の供給高前年比99.1% 日本生協連(2013.05.08)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る