左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

総供給高7カ月連続で前年上回る 主要生協の10月度供給実績2015年11月24日

一覧へ

 日本生協連は、全国65主要地域生協の10月度供給実績(速報値)をまとめた。

 10月度の総供給高は、2090億4700万円で前年同月比102.3%と7カ月連続で前年実績を上回っている。10月度総供給高
 店舗事業は736億6200万円、同102.2%。宅配事業は1308億2700万円、同102.3%、そのうち個配事業は873億3600万円の同104.6%となり、いずれも7カ月連続で前年を上回っている。
 10月は農産品の相場が引続き高値で推移したことと、気温の低下で鍋物材が好調だった。それに伴い、関連する水産・畜産・日配商品も伸張した。
 また、10月から始めた全国1000店舗企画では、ブランドの刷新を進めているコープ商品をピックアップしたPI値コンテストを実施して各生協でコープ商品の販売推進に力を入れていることで、組合員の支持を得ていること、同時期にTVCMを全国で実施したことなどで好調に推移したと日本生協連ではみている。前年同月比推移

(関連記事)
・総供給高6カ月連続で前年上回る 主要生協の9月度供給実績 (15.10.26)

総供給高5カ月連続で前年上回る 主要生協の8月度供給実績 (2015.09.25)

総供給高4カ月連続で前年上回る 主要生協の7月度供給実績 (15.08.25)

店舗・宅配ともに3か月連続で前年超 主要生協の6月度供給実績 (15.07.23)

総供給高前年上回る 主要生協の5月度供給実績 (15.06.25)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る