食品流通 ニュース詳細

2016.02.26 
ファーストフードが回復 1月の外食産業市場動向調査 JF一覧へ

 (一社)日本フードサービス協会(JF)は2月25日、会員社を対象とした外食産業市場動向調査平成28年1月度の集計結果をまとめた。

 1月は前半の暖冬傾向で売上げが向上、後半の悪天候による影響をカバーし、月全体の売上げは前年を上回り105.3%だった。特にファーストフードが昨年の異物混入問題から回復、またファミリーレストランも堅調に推移したため全体売上が押しあがった。
【ファーストフード】
 全体売上は109.6%と、大きく前年を上回った。
 洋風は店舗数が97.0%と減少しているものの、昨年の異物混入問題からの回復と新商品の販売などで売り上げが好調で116.6%だった。和風は人気の定食メニューが牽引し、売り上げは102.5%で、3か月ぶりに前年を上回った。麺類は単価が高めの新商品が好調で売り上げは106.9%。回転寿司は店舗数・客数ともに減少しているが、客単価が上昇し100.7%だった。アイスクリームも暖冬が追い風となり好調だった。
【ファミリーレストラン】
 月前半の好調により、売り上げは102.9%で33か月連続で前年を上回った。
 洋風は商品単価を低めに抑えた店が堅調で売上げ101.4%。和風は年始の需要があり、売り上げは106.0%。焼肉は成人式などのイベントに合わせたキャンペーンが奏功し売上は107.0%だった。
【パブ・居酒屋】
 パブ・ビアホールは好天に恵まれた月前半の好調により、売り上げは102.1%となった。居酒屋も新年会などの需要があったが、店舗数が90.4%と削減の影響もあり、売り上げは92.3%と前年比減が続いている。
【喫茶】
 新作ドリンクやフードメニューとの併売促進などが客単価を上げ、売り上げは101.5%と前年を上回った。

(関連記事)
天候に恵まれ売上げ増 10月の外食市場動向調査 (15.11.27)

好天に恵まれた連休で売上好調に 9月の外食市場動向調査 (15.10.30)

ファミレス28カ月連続で前年上回る 8月の外食市場動向調査 (15.09.30)

7月の外食全体売上 2か月ぶりに前年上回る JF (15.08.28)

2.3%売上減少 6月外食産業市場 JF (15.07.29)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ