左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新たな販路拡大 農畜水産物の産直サービス「アウル」 法人向け食品仕入れサービス開始2020年4月16日

一覧へ

 農畜水産物の産直サービスの「OWL(アウル)」で4月15日から、サービス業の食品バイヤー向けに法人向け食品仕入れサービス、「バイヤーズサポート」の提供を開始した。同サービスを利用する食品バイヤーは、7000以上の生産者や事業者との直接契約を持つ同社のネットワークを活用し、新たな農畜水産物の直接仕入れや新商品の相談、希望商品を扱う事業者や生産者とのマッチングなど新商品の開発が可能となる。

アウルバイヤーズサポート 

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、食品バイヤー向けの展示会やイベントは、軒並み縮小や中止が続き、食品バイヤーは新商品の発掘が難しくなっている。また、農畜水産物の生産者は、今まで卸し先だったサービス業からの発注が減り、行先を失った生産物を抱えている。従来の販路を失う生産者は増加傾向にあるが、新たな販路獲得の手段は限定的だ。

 そこで同社は、産直サービスのアウルから新たに、法人向けサービス業の食品バイヤーに向けた新サービス、「バイヤーズサポート」の提供を開始した。

 アウルバイヤーズサポートは、飲食店やセレクトショップなど食品バイヤーが、まだ世に出回っていない新しい商品や、隠れた名品をオンライン上で直接仕入れることができるサービス。主な取り扱い商品は農畜水産物の生鮮食品や、加工食品で、生産者へ直接コンタクトをとることができる。また、同社に希望商品の仕入れ相談をすることで、生産物の買い付け代行や、欲しい商品を扱う生産者・事業者とのマッチングも行う。利用料は無料。
 

【アウルバイヤーズサポート】

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る