Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新鮮な花を自宅へ直送 産直応援ブーケ販売 青山フラワーマーケット2020年4月22日

一覧へ

 花や緑に囲まれた心ゆたかなライフスタイルを提案するフラワーショップ、青山フラワーマーケットは4月20日、全国緊急事態宣言発令に伴い、店舗に行かなくても鮮度抜群の花を産地から自宅に送る、産地直送便の販売をオンラインショップで開始した。

【青山フラワーマーケット】

 同店は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、全店舗とオンラインショップを休業。自宅にいる時間が長く、いつも以上に花を必要とする状況となる中、同店は消費者に花を届けるため、産地から自宅に直送するサービスを急きょ始めることを決めた。

 実施にあたっては、生産者に余計な労力をかけないように花屋への出荷と同じ箱を使ってもらったり、余計なコストを省くことで、店頭価格よりもリーズナブルに届けることが可能になった。

 「SAVE THE FLOWERS」「STAY HOME WITH FLOWERS」をスローガンに掲げる青山フラワーマーケットは、「これまで、高品質な花を求めて産地に通うなか、実際に産地で目にする採花したばかりの新鮮な状態でお客様にお花を届けたいと日頃から考えていた」としている。

 産地直送便の第一弾は、「バラ」「ガーベラ」「草花ミックス」の3種類でそれぞれ三産地から直接、フレッシュな花を届ける。

 「バラ」は、茨城県南部の石岡市で1974年からバラの生産を行っている神生バラ園で栽培されたもの。「ガーベラ」は、静岡県牧之原市で長年ガーベラ生産に携わっているADORE FLOWCA(アドアーフローカ)から、また、「草花ミックス」は、千葉県南房総市にある、日本有数の花き生産者、折原園芸から届く。4月18日から期間限定でなくなり次第終了。今後は、出荷準備が整い次第、販売する。
 

◎商品概要
【産地応援】神生バラ園のローズアソート(30本)5940円(税込、送料込)
【産地応援】神生バラ園のローズアソート(30本)5940円(税込、送料込)1【産地応援】神生バラ園のローズアソート(30本)5940円(税込、送料込)2

【産地応援】アドアーフローカのガーベラアソート(30本)3960円(税込、送料込)
【産地応援】アドアーフローカのガーベラアソート(30本)3960円(税込、送料込1【産地応援】アドアーフローカのガーベラアソート(30本)3960円(税込、送料込2 

【産地応援】折原園芸のミックスアソート(30本)3960円(税込、送料込)
【産地応援】折原園芸のミックスアソート(30本)3960円(税込、送料込)1【産地応援】折原園芸のミックスアソート(30本)3960円(税込、送料込)2

【青山フラワーマーケット】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

クミアイ化学右カラムSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る