Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA三井リース中央(1)PC
JA三井リース中央(1)SP

樹齢100年の夏みかんで作ったマーマレードが金賞受賞 青木農園2021年6月10日

一覧へ

柑橘類を栽培する青木農園(静岡市清水区)は、5月に開かれた「第3回ダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル日本大会」に自園で製造している「樹齢100年の夏みかんマーマレード」を出品。プロの部で金賞を受賞した。

第3回ダルメイン世界マーマレードアワード日本大会 プロの部 金賞第3回ダルメイン世界マーマレードアワード日本大会 プロの部 金賞

プロの部には全国と台湾から合計344品が出品され、金賞は28品が受賞。審査員はジャムに精通する大手メーカーや、有名店のシェフ、パティシエ、フルーツプランナーなど総勢12人で、外観、質感、香り・味わいの3つの項目で評価した。同園のマーマレードはそれぞれの項目で高く評価され、「素材の良さと丁寧さを感じ、食感がとても心地よい」と総評された。

原料として使われる樹齢100年の夏みかんは明治30年前後に植えられた大木。柑橘の木で樹齢が100年を超えるものは全国でも珍しく、貴重な原料として現在も大切に育てられている。

昭和50年代に、夏みかんは酸味が強く生食として食べる人が少なくなり、青果物としての商品価値はなくなった。その際、同農園も甘い品種への変更を考えたが、あまりの大木に切ってしまうのは忍びないと、加工品にすることを検討。夏みかんでマーマレードを作ったところ、香り、苦み、甘み、酸味がバランスよく仕上がったため、マーマレードの製造を始めた。それから40年わたり、製造方法を試行錯誤し、無添加で「全工程手作りでしか味わえない美味しさ」をコンセプトに、大量生産ではない丁寧なものづくりを心がけている。

樹齢100年の夏みかんマーマレードの原材料は、夏みかんとグラニュー糖のみ。150gで850円から同社オンラインショップで販売中。

樹齢100年の夏みかんの樹樹齢100年の夏みかんの樹

【青木農園オンラインショップ】

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る