Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農水省の「国際果実野菜年2021」オフィシャルサポーターに認定 さとふる2021年8月2日

一覧へ

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」は、農林水産省の「『国際果実野菜年2021』オフィシャルサポーター」に認定。フルーツや野菜の栄養素などの知識と共に、関連するふるさと納税のお礼品特集を紹介する「国際果実野菜年2021」特設ページを公開した。

農水省の「国際果実野菜年2021」オフィシャルサポーターに認定 さとふる

「さとふる」の果物・フルーツ、野菜のカテゴリは、全国の産地から2万件以上の返礼品を掲載。特設ページは、「国際果実野菜年2021」の目的や採択背景のほか、フルーツや野菜の栄養素を紹介し、摂取による効果や生活に取り入れることの重要性を伝え、自治体への寄付とともに返礼品を受け取ってもらうことで、地域の生産者の応援につなげる。また、公式SNSなどを通じた情報発信を予定している。

「国際果実野菜年2021」は、フルーツと野菜の摂取による栄養と健康上の利点などに対する世界的な認識を高めることを目的に国連が定めた取り組み。国連はSDGsの中で、2030年までに飢餓人口をゼロにする目標を掲げているが、飢餓人口は増加傾向にある。一方、1975年以降、生活習慣病の主要な危険因子と考えられる世界の肥満人口は約3倍となっている。「国際果実野菜年2021」は、フルーツと野菜の摂取が、健康的な食生活につながることの発信やフードロスの削減を呼び掛ける。また、持続可能な農業・農家の雇用へ貢献し、SDGsの目標達成にも重要な役割を果たすと考えられている。農水省は、「国際果実野菜年2021」について企業、団体などと共に国内へ広く周知するための取り組みとして「『国際果実野菜年2021』オフィシャルサポーター」制度を創設した。

【「国際果実野菜年2021」特設ページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る