Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

令和3年度産米のマーケティングツールに米DNA鑑定を提案 バイオインサイト2021年8月4日

一覧へ

食品検査、環境DNA調査などを手がけるバイオインサイト株式会社(神奈川県 川崎市幸区)は、令和3年度産米のマーケティングツールとして、簡易でコストも抑えられる米のDNA鑑定の活用を提案している。

日本人にとって物の名前は、単なる存在を示すだけでなく人格や個性を表す大事なもの。同社の米DNA鑑定は、米の個性を迅速でコストメリットの高い定性検査で表示米どおりか否かを判別。対象は国内主要114銘柄で、精米・玄米は1検体9570円(税込)。検体到着後、翌営業日から4営業日以内に結果が報告される。

同社が2020年に始めた米品種DNA鑑定は、生産者、流通関係、加工、行政などが利用。生産の現場からは「稲の外形から違品種が混入していると思ったが、事実関係を確認できて安心した」、流通関係からは「米の全体消費量が頭打ちとなる中で、+αのアピールで加工米の購入量を増やすことに繋がった」との声が寄せられている。同社は「8月から秋までは、米作りや米を商材とした商品制作、マーケティングにとって一瞬。コロナ禍による巣ごもり需要が続く中、消費者により多くの情報を正しく伝え、マーケティングの先手を打ちませんか」と米DNA鑑定の活用をすすめている。申し込みは同社HPの申込みフォームから。

【米DNA鑑定申込み】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る