秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

南都留の里山保全や森林再生に貢献「しいたけ栽培セット」新発売 パルシステム2022年10月3日

一覧へ

パルシステム連合会は10月3日、「めぐる森のしいたけ栽培セット」の注文受付を開始。2014年から森林産直で提携する南都留森林組合(山梨県都留市)で生産するおが粉を原料としており、秋の味覚を育てて味わいながら、持続可能な森林づくりに貢献できる。

めぐる森のしいたけ栽培セットと栽培例めぐる森のしいたけ栽培セットと栽培例

「めぐる森のしいたけ栽培セット」は、届いた菌床を浸水させ、室温で一定の湿度を保っておけば1週間程度でしいたけが発生。好みの大きさに成長したら軸ごと収穫し、採れたてのしいたけを味わえる。毎日大きくなっていくしいたけの様子を観察でき、子どもの食育にもつながる。

菌床に使われるおが粉は、パルシステムの森林産直提携産地である南都留森林組合が伐採した広葉樹が原料。同組合は放置されていた人工林整備のため、多数の地主に分散していた地権を借り受け、地域全体の林道整備や間伐を進めてきた。里山再生を応援するため2014年1月、パルシステムでは初となる森林分野での産直提携を結び、森林資源を活用した商品開発や利用者との交流を継続している。

「めぐる森のしいたけ栽培セット」(1078円・税込)は、栽培開始後約2週間で収穫でき、繰り返し栽培可。パルシステムグループ10生協(1都11県)で商品取り扱い。パルシステムへの加入で購入できる。

南都留で伐採される広葉樹南都留で伐採される広葉樹

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る