秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

食用コオロギの「クリケットファーム」7000万円超の資金調達を実施2022年11月29日

一覧へ

長野県で食用コオロギの養殖事業を展開する株式会社CricketFarm(クリケットファーム)はこの秋、株式投資型クラウドファンディングや協調融資により7000万円を超える資金調達を実施した。

同社は2021年8月に長野県岡谷市で創業したFoodTechベンチャー。「持続可能な地球へ」をミッションとし、自然界に近づけた環境で育てた食用コオロギを活用して次世代タンパク質の生産に取り組んでいる。

創業2年目のFoodTechベンチャー「クリケットファーム」創業2年目のFoodTechベンチャー「クリケットファーム」

今回の資金調達は、少額からでもベンチャー企業への投資を通じて株主として応援できる株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」のプロジェクトで、目標額800万円を大きく上回る上限応募額の3200万円を達成。また、金融機関からの協調融資4100万円を合わせ、資金調達の総額が7300万円となった。

食用とはいえ、コオロギを食べることに心理的抵抗を持つ人は少なくないが、同社のFoodTech事業では「昆虫食」としてではなく、食用コオロギを完全にパウダー化して虫らしさを排除し、「次世代の栄養素材」として普及させていくことをめざしている。ゲノム編集に頼らず、徹底した衛生管理のもと、自然界に近づけた飼育環境で育成する食用コオロギは、パウダー加工した状態でもタンパク質量は70%以上。また、鉄分、亜鉛やアミノ酸、脂肪酸も豊富で非常に優秀な栄養素材となる。

豊富な栄養素、コオロギパウダーを使ったオリジナル商品豊富な栄養素、コオロギパウダーを使ったオリジナル商品

パウダー状で取り扱いがしやすく幅広い食品に利用できることから、自社製品として、美と健康のための「パウンドケーキ」、土佐の塩丸とのコラボによる純国産の「最高峰の塩」と「プロテインパウダー」などを開発。これらの商品は長野県岡谷市と茅野市でふるさと納税返礼品にも採用された。また、茅野養殖場に併設の森の直売所では、コオロギパウダーを使ったクッキー、ポテトチップス、マフィンなども販売。工場見学の際に食用コオロギを気軽に食べる機会を提供している。

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る