人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

労働力確保支援サービス「農How」推進 JA愛知中央会と業務連携協定締結 アグリトリオ2023年9月29日

一覧へ

アグリトリオ(愛知県豊橋市)とJA愛知中央会は、地域農業の生産維持・拡大、農業経営体の発展のため、10月1日付で業務連携協定を締結。同社の労働力確保支援サービス「農How」を推進することで、愛知県内の組合員にその活用事例の共有や有効性・利用料の優位性等をPRし労働力不足の解決をめざす。

労働力確保支援サービス「農How」推進 JA愛知中央会と業務連携協定締結 アグリトリオ「農How」サービス概要

アグリトリオは2020年度から、愛知県内の特に東三河地方を中心に労働力支援をサポートするため、デイワークアプリ「農How」を開発・運営してきた。農業が盛んな愛知県でも、農業従事者の減少・高齢化・後継者問題が課題となっており、新たな労働力確保の手法で潜在層を掘り起こす仕組み作りが求められている。

これまでの農作業は親族に依頼するのが当たり前だったが、「働きたい人や働いてみたい人を地域でシェアして解決」するテクノロジーと、製造業で培った標準化ノウハウを活かして、農業未経験者でも安心して作業に取り組める仕組みが融合。地域雇用や関係人口を創出することで1つの地域課題解決につながってきている。

同協定により、愛知県内の農業労働力支援を行っているJA愛知中央会と連携することで、これまで周知できずにサービスが行き届いていなかった農家を支援。また、各産地の維持・拡大へ向けた取り組みをめざす。

労働力確保支援サービス「農How」推進 JA愛知中央会と業務連携協定締結 アグリトリオ

◎連携事項
(1)愛知県内JAの組合員に対し、労働力確保支援サービス「農How」の推進
(2)JA施設等へのPR推進
(3)農家組合員への説明会の開催
(4)愛知県内JAの組合員に対し、労働力確保支援サービス「農How用料10%OFFの適用
(5)愛知県内JA管内利用者数等のデータ共有
(6)その他、労働力確保支援サービスにつながる取り組み

新型コロナウイルス感染症の5類移行後、各業界において労働需要が高まり、農業分野での労働力確保が厳しくなっていることや、最低賃金の上昇による雇用人件費の増加等の課題があるため、1日単位のスポット雇用に対応でき、繁忙期や急な労働力不足における労働力確保につながる「農How」の活用を推進し、愛知県内の農業労働力支援に取り組む。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る