人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

宮崎市と連携 南国フルーツ栽培「田代農園」の第三者承継を実現 リレイ2024年2月7日

一覧へ

事業承継マッチングプラットフォーム「relay」(リレイ)を運営する株式会社ライトライトは、宮崎県宮崎市とrelayによる農業分野の事業承継と移住促進を目的とした共同プログラム「relay the local 宮崎市」をきっかけに、南国フルーツを栽培する田代農園(宮崎市)の第三者承継を実現。同農園の譲り手と継ぎ手への成約事例インタビューを「relay Magazine」で公開した。

宮崎市と連携 南国フルーツ栽培「田代農園」の第三者承継を実現 リレイ

譲り手で田代農園の田代敏徳さんは、宮崎市清武町で約1ヘクタールの敷地でマンゴー・パパイア農園を営む農家。パパイアは「誘引栽培」という全国的にも珍しい栽培方法を導入しており、外部視察などで取り上げられることも多く、宮崎県のパパイア栽培を牽引する存在で、県内の農業関係者にも広く知られている。

田代さんは農家だけでなく、清武町のシンボル的存在である900年の樹齢の大楠を有する「船引神社」の宮司との二足のわらじで活躍しており、将来のことを考え農園を誰かに引き継ぎたいと考えていた。当初から第三者承継を検討していたが、どのようにすれば良いのかわからなかったため、宮崎市に相談したところ、relayを紹介され、後継者を募集することになった。

一方、田代農園を引き継ぐことになった宮崎県在住の岡島和希さんは、農業協同組合の営農技術員として、田代農園を担当する10年来の仲だった。農家に従事する祖父の影響で、小学生のころからいつか自分も農業をしたいと考えていた岡島さんは、田代さんが後継者を探していると知り、すぐに後継者として名乗りをあげた。田代さんは、岡島さんについて、「農業の技術や知識に長けており、人柄も信頼できる」と自身が手塩にかけて育てた農園を託すことを決めた。

「農業はもちろん大変だが、常に自然と触れ合うことができ、承継後もストレスなく働けている」と笑顔で語る岡島さん。「relay Magazine」のインタビューでは、マッチングに至るまでの経緯や、実際に第三者承継をしてみて感じたこと、第一線で活躍してきた田代さんが考える農業分野の事業承継の必要性や、岡島さんの今後の意気込みについて紹介している。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る