人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

「AFJ日本農業経営大学校 イノベーター養成アカデミー」第一期生が入学2024年4月19日

一覧へ

(一社)アグリフューチャージャパンは4月6日、アグリビジネス領域において、新たな価値の創出と課題解決により革新を起こすアグリビジネスイノベーターを育成する『AFJ日本農業経営大学校 イノベーター養成アカデミー』を開講。初年度となる2024年度には8人の新入学生を迎え、最短一年間の少数精鋭教育で、食や農業を中心とした様々な課題に対してイノベーションを起こすための力を身につける。

「AFJ日本農業経営大学校 イノベーター養成アカデミー」2024年度の入学式「AFJ日本農業経営大学校 イノベーター養成アカデミー」2024年度の入学式

2024年度入学者は多様な年代、経歴、専門性をもつ、少数精鋭の8人。農業界未経験も多く、大学院修了者や理系出身者が半数を占めている。入学式では理事長兼校長の合瀬宏毅氏が御祝いの言葉が贈り、主任教授の三村昌裕氏があいさつ。新入学生全員が各々の決意表明を行った。

決意表明で新入学生は、「日本の農業業界の社会課題を解決したい」「社内の新規事業開発として具体的な企画をブラッシュアップしたい」「国内のみならず海外での農業課題を解決したい」などと抱負を語った。同アカデミーでは実践的な教育と専門人材による伴走支援等によりその学びをサポートする。

カリキュラムの全体像カリキュラムの全体像

「AFJ日本農業経営大学校 イノベーター養成アカデミー」は、イノベーションの理論(メソッド)だけでなく、リーンスタートアッププロセスに沿って仮説・戦略の立案、検証、修正を繰り返す「戦略立案・仮説検証行程(6か月)」を教育の軸としている。

また、戦略立案・仮説検証行程を実施するために必要な知識・情報を3つの領域から学ぶ「基礎学習行程(3か月)」、仮説検証の結果をもとに具体的な事業計画に落とし込む「事業計画策定行程(2か月)」を加えた3つの行程を通して、実社会で求められる実効性の高いビジネスを作り上げる。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る