Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

有機性汚水処理に最新ろ過システム 農研機構2013年11月12日

一覧へ

 農研機構東北農業研究センターは、酪農雑排水だけでなく、より汚濁成分濃度の高い養豚場の尿液やでんぷん工場廃液など、有機性汚水を通年で浄化するハイブリッド伏流式人工湿地ろ過システムを開発した。従来の方法より省スペースで、かつ低コストで設置できる。

 北海道大学や民間会社との共同開発。高濃度の有機性汚水を好気的・嫌気的ろ過方式を組み合わせて浄化する多段式のシステムだ。
 安全バイパス構造や軽量浮遊資材の表面敷設などで、ろ床の目詰まりや冬季の凍結を回避しながら、ヨシやミミズ、微生物などからなる生態系をつくりながら、竣工直後から浄化できる。
 同じ処理能力を持つ、従来の小面積でできる機械的処理法に比べ、初期費用は3分の2程度で、電気料などの運転費用は20分の1で済む。現在、国内やベトナムなど14カ所で運用されている。
 なお、ハイブリッド伏流式人工湿地ろ過システムとは、上から下へ垂直方向にろ過する垂直流と、浅い地下水として水平方向にろ過する水平流があり、この二つを組み合わせた方法。窒素を浄化する能力に優れ、冬季も能力が持続する。
 また、伏流式人工湿地とは田んぼのような湛水した浅い池を使う。伏流式とは砂利や砂の層を通してろ過する方式をいう。

ハイブリッド伏流式人工湿地ろ過システム

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る