Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

表示と異なる肥料販売  JA全農が回収へ2015年11月6日

一覧へ

 JA全農が販売した太平物産(本社=秋田市)の製造した肥料に、成分表示と内容の異なるものがあることが判明。JA全農は11月5日、謝罪し、即刻回収することを明らかにした。販売先は東北、関東・東山を中心に11県。

 不正があったのは太平物産が製造する肥料の銘柄の約9割に及ぶ。全農によると、同社の全4工場(青森、秋田、茨木)で製造されている肥料は783銘柄あり、そのなかで調査が可能な726銘柄のうち678銘柄が、チラシや肥料袋に表示されている内容と異なる製造設計に基づいて製造されていることが分かった。
 同社の肥料は、約7割(597銘柄)が有機入り配合肥料であり、有機栽培に使用されている。「特別栽培農産物」、「有機農産物」と表示して販売するとJAS規格に適合しない可能性がある。このため全農では、「特別栽培農産物」、「有機農産物」等の表示をやめ、「慣行栽培農産物」として出荷・販売するよう要請している。
 不正は、10月6日、JA全農営農・技術センターの分析で明らかになり、20日から同社の全製品の製造・出荷を停止し、代替肥料を供給するとともに、28日から出荷された肥料の回収を行っている。
 5日の記者会見で全農の山﨑周二常務は「発生した損害等には補償を含め、誠意をもって対応させていただく。なお太平物産が使用している原料は通常の肥料製造に使われているもので、農産物の安全性に問題はない」と述べた。
 なお、全農の調査によると、太平物産の不正は、製造し易さを優先し、工場長の指示のもと、すべての工場で長期間行われていたとみられる。
 太平物産が製造した飼料名の一覧はこちらから確認できる。

<問い合わせ先>
一般問い合わせ窓口 電話:0120-295-381(受付時間は9時から18時。平日と11/7、8日)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る