左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ドローン・GPSでフォーラム 新潟で 農研機構2016年11月14日

一覧へ

 農研機構は11月29日、新潟県上越市で「ICT等先進技術を使った高能率水田農業の新展開」をテーマにした北陸地域マッチングフォーラムを開催する。申込締め切りは21日まで。

 日本の農業の競争力強化に向けて土地利用型農業の再編が求められている。特に良質米の生産地である北陸地域は、売れる米づくりとともに、大豆・麦類の生産性の向上や、園芸作物の導入等を通した水田フル活用による経営基盤の強化が重要な課題となっている。
 このフォーラムでは、民間企業や県の関係者を招き、ドローンやGPSを使ったシステムなど、ICTなどの先進技術の実用化について紹介する。
 開催日時は11月29日13時から17時15分。新潟県上越市のホテルセンチュリーイカヤの飛天の間・扇の間で開催する。
 申込は11月21日までにファックス、または電子メールで申し込む。詳細は農研機構ホームページで確認できる。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る