Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「首都圏土壌医の会」設立2017年7月13日

一覧へ

土づくりの課題で研修も

 首都圏土壌医の会は7月10日、東京・日比谷図書文化館小ホールにおいて、第1回定期総会記念研修会を開催した。

土壌情報システムの事例を紹介 首都圏土壌医の会は、土づくりに関するアドバイスや指導力の更なる強化を図ることを目的に、土壌医資格(土壌医・土づくりマスター・土づくりアドバイザー)の可能性に期待する人たちが集まり、平成29年4月1日に(一財)日本土壌協会より設立認可された。
土壌医資格の登録者は、研究者、行政職員、肥料・農機・用土・種苗などのメーカーや販売店の社員、農家、市民農園参加者、消費者、農業関係大学や高校の学生など、多岐にわたる。
 同会は平成29年7月10日、日比谷図書文化館小ホールにおいて第1回定期総会を開催、設立趣旨や活動内容、規約、会員名簿等の説明・報告に続き、平成29年度の事業計画、予算計画を承認した。
 研修会では、(株)農文協プロダクションの鈴木敏夫代表取締役が「土が作り出す世界をどう若者に引き継ぐか」のテーマで基調講演し、ドキュメンタリー映画「武蔵野」製作の意義を説明した。
 鈴木氏は「武蔵野は日本最大の平地林であり、大都市近郊にこれほど広大な平地林が残されている場所は他にない」と述べ、江戸時代から農家が落葉樹の落葉を集め、堆肥を作り畑作に活用してきた歴史的な農耕文化のあり方を語った。
 研修では次のテーマが取り上げられた。
1.「土づくり(土壌医の役割とGAPについて」:首都圏土壌医の会事務局長 多田誠氏
2.「日本における農耕地土壌情報システムの現況とその利用~日本土壌協会の土壌情報システムでの事例~」:元東京農業大学 加藤好武氏、(一財)日本土壌協会 高橋猛氏
 今話題のGAPについての説明や、Google Earthを使った土壌情報の活用方法など、有益な研修内容だった。当日の研修には、首都圏から47名が参加した。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る