想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

名古屋でマッチングフォーラムを開催 農研機構2018年9月25日

一覧へ

 農研機構は11月15日、「土壌養分の簡易計測と地域資源の利用による施肥コスト削減」をテーマに、減肥技術や低コスト肥料等の紹介と、農業データ連携基盤とスマート農業技術の現場への実装についての最新情報の提供と意見交換を行う「東海地域マッチングフォーラム」を名古屋国際センターで開催する。

 このフォーラムでは、データと先端技術の活用による生産性の向上と、地域農業を振興するためのスマート農業の実装に向けた施策として「農業データ連携基盤(WAGRI)」と「スマート農業技術の現場への実装」について、参加者と意見交換を行う。
 また、栽培に応じた土壌管理の適正化が求められており、その対策として、簡易な土壌診断技術の開発、土壌診断に応じた施肥対応技術、堆肥を原料にしつつバランスを整えた混合堆肥複合肥料や高窒素鶏ふん肥料の活用など、施肥コストを削減する取り組みについて意見・情報交換を行う。

 

「平成30年度東海地域マッチングフォーラム」
日時:11月15日(木)10:00―17:15
場所:名古屋国際センター別棟ホール(愛知県名古屋市中村区)
申込み:11月5日(月)までにWebもしくは名前、所属、連絡先(電話またはメール)、出席希望内容を記入し、郵送またはFAXにて申し込み。
URL:平成30年度東海地域マッチングフォーラム「土壌養分の簡易計測と地域資源の利用による施肥コスト削減」
申込先:農研機構中央農業研究センター産学連携室 〒305-8666 茨城県つくば市観音台2-1-18
FAX:029-838-8574

 

(関連記事)
スマート農業実現でフォーラム(18.07.23)
農業ビッグデータ活用の時代へ WAGRIフォーラムが開催(18.03.13)
農業データ連携基盤協議会設立セミナー(17.08.23)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る