Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

漏水が簡単に分かる手法開発 農業用パイプラインの診断に  農研機構2019年12月12日

一覧へ

 農業用パイプラインの漏水位置と漏水量が簡単に分かる方法が開発された。農研機構と東京大学大学院農学生命科学研究科の研究グループが12月11日明らかにした。

 模型実験では漏水位置を誤差1%程度、漏水量を最大誤差17%と、高精度で推定できた。特殊な機器や管内の水抜きなどの大がかりな作業が不要で、低コスト、省力で推定できる特長がある。

 バブル操作によって特殊なの圧力波(圧力変動)を発生させ、これによる水圧の変化で漏水位置と漏水量を推定する。圧力測定にはパイプラインに設置されている圧力計(空気弁に簡単に設置できる)を利用する。
 この方法はあらゆる管径(サイズ)、材質のパイプラインに適応できる。管径が小さく剛性(変形のしにくさ)の大きい管の方が、より検知しやすい。パイプラインの定期的な機能診断に役立つものと期待される。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る