栽培技術 ニュース詳細

2020.03.12 
縦型水耕栽培システムの外販開始 新規取扱代理店募集中 グリーンリバーホールディングス一覧へ

 IoTを活用した農業を推進するグリーンリバーホールディングス(福岡市博多区)は、独自開発した縦型水耕栽培装置「3D高密度栽培バイグロウシステム」の外部への販売を始め、新規取扱代理店の募集も開始した。

バイグロウを使ったレタス栽培バイグロウを使ったレタス栽培

縦型水耕栽培装置バイグロウ 同社は、これまで福岡県をはじめとする全国6拠点でIoTを活用したスマートアグリファクトリーの建設と運営を、傘下のグリーンラボを通じて行ってきた。

 栽培に使われる設備はグリーンラボが開発した、縦型水耕栽培プランター「バイグロウ」システムで、高さ150cmのプランターの両面にハーブ類で18株の苗が定植できる栽培方法。一般的な露地栽培と比較して同一面積当たり30倍程度の収穫が可能になる。

 葉物野菜全般に対応する水耕栽培法での「バイグロウ」に養液、湿度、温度などを遠隔制御することで、従来の農業と比較して簡易な管理で栽培している。また、ほ場の状況もモバイル端末やパソコンで遠隔管理を行うことで効率の良い栽培管理が可能になる。

栽培中のハーブの様子 これまで「バイグロウ」システムを使った栽培は、同社のスマートアグリファクトリー内で活用されていたが、全国の農業従事者や農業資材取り扱い企業からの問い合わせが少なくなかった。そこで、全国への普及を進めるため、代理店を通じた外販も行うことで縦型水耕栽培の普及と促進を図っていく。

 今後、同社では代理店希望企業に向けての説明会を随時実施し、営業アプローチを開始する。また、栽培に関してのコンサルティングやバイグロウで生産された農産物の販売サポートも行う予定。

写真中段:縦型水耕栽培装置バイグロウ

写真下段:栽培中のハーブの様子

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ