栽培技術 ニュース詳細

2020.03.17 
マンホール型モニタリング施設の設置マニュアル公開 農研機構一覧へ

 農業用パイプラインの約2割を占める塩ビ管の破損事故が多発する状況を受け、農研機構は、漏水事故の早期発見や原因究明できるマンホール型漏水モニタリング施設の設置マニュアルを公開した。

 同マニュアルは、作物の栽培に必要な灌漑用水を配水する小口径パイプライン施設の保全や塩ビ管の破損事故の予防に役立つ。また、初期の微量な漏水を検知して早期に漏水位置を特定し、漏水事故の原因究明など速やかな対策につなげることが期待される。
 

【マンホール型 漏水モニタリング施設の設置マニュアル】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ