Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:アクサーFL
JA三井リース中央(1)PC
JA三井リース中央(1)SP

鳥獣被害防止へ高照度のLED大型センサーライト開発ーカネヒロデンシ2020年6月26日

一覧へ

LED製品の開発・製造・販売などを手がける(株)カネヒロデンシは、農作物の鳥獣被害対策用として高照度の「LED大型センサーライト」を開発した。

LED大型センサーライトLED大型センサーライト

新製品は東京海上日動火災保険(株)と共同で開発したもので、山口県内で実証試験を行い製品化したもの。(株)カネヒロデンシがLED製品専業メーカーとして培ったノウハウを結集した。

夜間に鳥獣が接近するとGPS(全地球測位システム)によるセンサーが感知し、LEDにより照射する仕組み。光度は2万8000cdでサッカー場並みの明るさ。設置も簡便で箱罠・くくり罠などへの誘導も行える。耐衝撃材を使用しているため強度にも優れる。
税別販売価格は、標準仕様が26万8000円、バッテリー仕様が21万4000円、AC電源仕様が20万8000円。レンタルも可能で、料金は3年の場合1台あたり月額9980円、1年の場合同2万4000円。

農林水産省の調査によると、鳥獣による農作物被害は約158億円で7割がイノシシやシカによるもの。直接被害だけでなく営農意欲の減退、耕作放棄地の増加、車両などとの衝突など影響も広範にわたっている。

同社は農業関係者を中心に鉄道、ゴルフ場向けなどにも提案していく考えだ。

【鳥獣対策LED】

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る