Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

生産者・指導員・研究者必携「トマトの生産技術」発刊 誠文堂新光社2020年7月31日

一覧へ

(株)誠文堂新光社は、8月12日に「トマトの生産技術」(A5判272ページ、税別3400円、中野明正編著)と題した解説本を発売する。

「トマトの生産技術」「トマトの生産技術」

トマトは日本でも根強い人気があり、生産者にとっては収益性のある品目。種苗メーカーも新品種を多数リリースするなど、業界全体で力を入れている品目となっている。

同書では、トマトの栽培技術の基本的知識から、注目される産地の栽培・経営・事例、さらに技術革新が進むスマート農業による栽培技術など、トマト生産に関わる全てを網羅している。

トマトの生産者、産地の指導員、最先端農業の研究者にとって必携の一冊だ。

内容は、「1章 トマト生産の基礎」「2章 トマト生産地の事例」「3章 最先端技術への取り組み」「4章 トマト生産の未来」で構成。事例では、北海道と岩手・千葉・愛知・岐阜・兵庫・岡山・徳島・福岡・熊本各県の主要作型や栽培方法を紹介している。

【誠文堂新光社:書籍紹介ページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る