想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

地域産業支援プログラム表彰で優秀賞を受賞 農研機構2020年10月22日

一覧へ

地域産業支援に係る優れた取り組み等を表彰する「第9回地域産業支援プログラム表彰」(イノベーションネットアワード2020)の、地域産業支援プログラム優秀賞を農研機構が受賞した。

地域産業支援プログラム優秀賞地域産業支援プログラム優秀賞

受賞事業は「周年マルチ点滴かん水同時施肥法(マルドリ方式)の開発および技術導入・運営支援による高収益カンキツ経営の実現」(申請代表者:西日本農業研究センター傾斜地園芸研究領域長の吉岡照高氏)。

農研機構は高品質なカンキツ果実の安定的生産や省力化、軽労化を目的に、カンキツの高品質果実生産技術である「シートマルチ栽培」の欠点である、かん水や施肥作業の繁雑さや過乾燥による樹体の衰弱問題を解決する「マルドリ方式」を開発。

さらに、各県農業試験場やJA等の生産者団体と連携した現地実証試験により、同技術による高品質果実生産技術を確立し、栽培管理マニュアルの作成や講習会等の普及活動を通じて技術移転を進めてきた。



記念の盾記念の盾

近年では、技術導入コストの削減やブランド化による収益向上を図るため、複数の生産者が共同で施設、設備を利用・管理する「団地型マルドリ方式」を開発し、地域ブランドの確立や生産者の意識改革につなげてきた。
今回の受賞は、「マルドリ方式」の実用化に向けた一連の活動が、地域産業の振興・活性化を促進する取り組みとして高く評価されたことによる。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る