想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業課題の解決へ「農業用搬送ローバー」の複数台同時自律走行を実証2020年11月9日

一覧へ

ドローン・ジャパンは、農業課題の解決に向けた「農業用搬送ローバー」に関する実証実験を行い、ドローンを農業分野で様々な用途に活用するためのソフトウェア「ArduPilot」に、準天頂衛星「みちびき」のテクノロジーを加えることで、複数台の自律走行農業用搬送ローバーの高精度な制御技術を確立した。

農地搬送ローバー農地搬送ローバー

同社は、国が推進するスマート農業の実現に向け、ドローン活用に関する技術開発と対応する技術者の育成に取り組んでいる。その中で、ドローンを農業分野の様々な用途で活用するオープンソースソフトウェア「ArduPilot」に注目し、そのオープンソースの特性を活かし、高度なドローンの制御を低価格で提供することを目標に技術開発を進めてきた。その技術を地上走行するローバー等の車両制御に転用するための実証実験を、準天頂衛星システムサービス(株)の委託事業として実施した。

日本の就農者人口は、総就農者数の減少に加え高齢者に大きく偏り、農作業時の「重量作物の運搬」の負担が大きな農業課題として顕れている。また、「収穫・搬送用農業機械」は用途別の仕様である上、作物ごとに購入・調達することが農家の大きな負担となっており、収穫物等の重量物搬送の「自動化」「普及価格化」が急務となっている。

自律見回りローバー自律見回りローバー

そこで、無人で自律走行する収穫物搬送機械を従来と比べ大幅なコスト低減を実現した普及価格帯での商品提供を目指し、オープンソース「ArduPilot」を活用したドローンの自律制御のためのソフトウェア開発技術「準天頂衛星システム(みちびき)」による高精度測位技術を活用することで自律陸上走行する収穫物搬送機の試作をつくり技術実証してきた。

今回の取り組みでは、農業現場での多様な用途を想定し、3種類の自律走行搬送ローバーを新たに開発。実際の利用状況を想定し、3台を自律的に同時走行させる実証実験を実施した。

その結果、「ArduPilot」と「みちびきSLAS/CLAS」の技術を農地走行車に活用することで、ほ場や農地を自律走行する搬送型農業機械の開発が可能であることを確認。また、オープンソースや国が整備した測位衛星等の汎用技術の活用による実現であるため、開発に要するコストを中小農家でも導入可能な価格レベルまで低減させる効果があることを確認でき。

クローズド専用技術による新規開発する自律農業機械に比べて安価なコストでの提供が可能となれば、自動化やIT農業化の取り組みが遅れている中小規模農家にとっても導入可能な農業機械が提供できると期待される。

これらの技術は、収穫・搬送分野だけではなく様々な農業機械への応用へつながり、「ArduPilot」と「みちびきSLAS/CLAS」の技術活用の余地は大きいものと想定される。

一方、安定的な自律化に向けて、空中とは異なる陸上走行での障害物対策、振動対策、市販ガソリンエンジン車の自律化のためのデジタル-アナログのアクチュエーターの高度化など、事業化へむけた課題も確認した。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る