Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

最大100万円を支援「高校生科学教育大賞」対象校募集 バイテク情報普及会2021年3月3日

一覧へ

バイテク情報普及会は、高校生の農業とバイオテクノロジーの理解促進につながる科学教育活動への支援を行う「第5回高校生科学教育大賞」の支援対象校を5月31日まで募集中。最優秀賞または優秀賞に選ばれた学校には、1校当たり100万円を上限とし、活動費用の一部または全額を支援する。

最大100万円を支援「高校生科学教育大賞」対象校募集 バイテク情報普及会

バイテク情報普及会は、持続可能な農業の実現や食料の安定供給に貢献するバイオテクノロジーの重要性について理解を広める様々な活動を行っている。その一環として、高校生に「持続可能な農業」と「植物バイオテクノロジー」についてより深く学び考えるきっかけとしてもらうことを目的に「高校生科学教育大賞」を2017年に設立し、支援対象となる科学教育活動を毎年公募している。

第4回の2020年は、常総学院高等学校の「高校生(スマート)農業を始めるまでの全記録」が最優秀賞に選ばれ、申請額の全額となる50万円を支援。優秀賞の大阪府立園芸高等学校と山形県立置賜農業高等学校の各校に申請額の一部として30万円を活動費用として支援した。

第5回目の今回も、農業とバイオテクノロジーへの理解が促進されるような研究や遺伝子組み換え作物やゲノム編集食品などに関するサイエンスコミュニケーション活動の計画やアイディアを募集している。

<募集概要>
募集対象:高等学校、高等専門学校における学校行事・部活動等の科学活動

主旨:生徒自身または一般消費者の「持続可能な農業」や「植物バイオテクノロジー」への理解が促進されるような、実現可能で具体的な研究やサイエンスコミュニケーション活動を支援する。
支援内容:最優秀賞(1校)、優秀賞(数校)に選ばれた学校に、申請された活動費用の一部または全額を支援。
・1校当たり100万円を上限とする。
・申請額より減額して支給される場合がある

選考:同会会員企業と以下外部委員からなる選考委員会が選考
小泉望氏(大阪府立大学大学院生命環境科学研究科教授)
小島正美氏(食生活ジャーナリストの会代表)
高島賢氏(農林水産省消費・安全局農産安全管理課審査官)

応募方法:同会ウェブサイトから指定の申込書をダウンロードし、活動計画及び支援金の使用方法等を記載の上、メール添付で提出

応募締切:5月31日23時59分まで

【第5回高校生科学教育大賞特設ウェブページ】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る