Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

細胞農業アプローチ 培養肉技術活用で化粧品原料を開発 インテグリカルチャー2021年4月8日

一覧へ

インテグリカルチャー(株)は、細胞農業アプローチによる培養肉技術を活用し、「細胞を活かす」ことに着目した世界初のスキンケア化粧品原料「CELLAMENT(セラメント)」を開発。4月7日から原料販売の商談を開始した。

細胞農業アプローチ 培養肉技術活用で化粧品原料を開発 インテグリカルチャー

同社は細胞農業を通じて持続可能で多様性のある未来を創るため、細胞培養テクノロジーをベースに培養肉づくりの研究開発からスタートした研究開発型ベンチャー。独自の汎用大規模細胞培養技術「CulNet System(カルネット システム)」を中心とした事業を展開している。

培養肉の研究開発の中で、CulNet Systemの共培養を構成している細胞が肌に有用な成分を作り出していることを発見したことから化粧品分野への応用を推進。卵の胎盤様組織にある3種類の細胞の培養上清液を新規化粧品原料「セラメント」として開発し、商品化した。セラメントは、米国パーソナルケア製品評議会(PCPC)で新規化粧品原料として登録済で、卵由来の胎盤様組織の培養上清液化粧品原料としては世界初となる。

細胞農業は、生物を構成している細胞を体外で培養することにより、従来のような動物飼育をすることなく、肉や乳製品などの農産物とまったく同じものを作り出すことができる新しい資源生産の考え方。伝統的な農業に比べ、環境負荷が小さく、持続可能な生産方式として期待されている。また、細胞農業技術を応用することで、食料以外にもさまざまな製品を作り出せる可能性があり、新しい生産方法として世界でも注目が高く、急速に発展している。

培養肉づくりのイメージ培養肉づくりのイメージ

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る