Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

スマート農業で米づくりに挑戦 加須ファームで田植え開始 プレナス2021年4月28日

一覧へ

(株)プレナスは、最先端技術の活用や様々な栽培方法を導入したスマート農業による田植えを5月10日から開始する。同社が展開する海外の「ほっともっと」、「やよい軒(YAYOI)」などに国産米を輸出するため、埼玉県加須市に農地を借り、田んぼの整備や種子の準備を2月から進めている。

スマート農業で米づくりに挑戦 加須ファームで田植え開始 プレナス

加須市の「プレナス加須ファーム」は、3月末現在、12ほ場、約2.5ヘクタールを展開。水田では、日々の水管理を遠隔で管理するクラウド型水管理システムや作付計画や、作業指示、作業記録など日々のデータを"見える化"したシステムを導入するなど、生産性の高い稲作経営をめざす。

また、今回実施する田植えでは、ドローンを使って水田に直接種をまく直播栽培や育苗箱内の籾数を倍にして効率性を高めた密苗栽培を導入した。品種は、暑さと病害虫に強く、埼玉県の推奨品種「彩のきずな」や収穫量の多い「あさひの夢」を使用。栽培方法や品種を掛け合わせた様々なパターンを検証し、生産性の高い稲作経営に挑戦する。

加須ファームのメンバー加須ファームのメンバー

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

DiSC:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る