Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

勉強会「米国における施設園芸・人工光型植物工場の動向」開催 植物工場研究会2021年6月24日

一覧へ

千葉大学のNPO植物工場研究会は7月13日、「米国における施設園芸・人工光型植物工場の動向」をテーマに第142回勉強会をオンラインで実施する。

同勉強会は、今年から新たにライブでのオンラインセミナーと質疑応答を基本に後日、録画映像を配信する。植物工場研究会会員は、参加費を原則無料。会員を含め参加する際は申し込みが必要となる。

<第142回勉強会概要>
開催形態:ライブオンラインセミナー&質疑応答(Q&Aセッション)+(期間限定)録画映像視聴

日時
・ライブオンラインセミナー&質疑応答(Q&Aセッション) 7月9日9:00~11:00
・録画映像視聴期間 7月13日13:00~7月20日13:00

参加費:植物工場研究会会員無料(申込は必要)、非会員は3000円(税込)

【テーマ】
米国における施設園芸・人工光型植物工場の動向

【内容】
※各講演時間約45分
1.「米国における施設園芸・人工光型植物工場の動向」
久保田智恵利氏(米国オハイオ州立大学教授)
使用予定言語ー日本語
2.「CannabiscultivationincontrolledenvironmentsintheUnitedStates(仮)」
Ian Justus氏(ConnectedCannabis社栽培担当副社長)※使用言語は英語
3.「質疑応答(Q&Aセッション)」約30分

コーディネーター 林絵理氏(植物工場研究会副理事長)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る