Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

人材育成プログラム「おきなわ農業経営マスター講座」募集開始 マイファーム2021年6月28日

一覧へ

株式会社マイファーム(京都府京都市)は7月27日~11月23日、内閣府の「沖縄型産業中核人材育成事業」で担い手経営体育成プログラム「おきなわ農業経営マスター講座」を実施。参加者の募集を開始した。

人材育成プログラム「おきなわ農業経営マスター講座」募集開始 マイファーム

同講座は、沖縄県の産業全体の生産性向上の中核的役割を担う人材を育成するため、経営改善手法およびICTを取り入れた担い手経営体育成プログラムを提供。経営プランの作成を支援することで、経営スキル、課題解決スキル、ICT活用スキルを用いて継続的に発展できる農業経営者を育成する。農業経営講座(全12回)、経営改善研修(全8回)、ICT活用講座(全6回)の3パート、全26回の講義で、オンライン受講。県外視察研修、経営プラン発表会もある。

対象は、主に野菜、花卉、果樹を栽培する人、約5年程度の農業経験がある農業経営者(個人農家)、後継予定者、農業法人の従業員など。また、現状に課題意識を持ち、改善しようという意志がある人。視察研修、最終発表会を含む全ての回に参加可能な場合に限る。

<開催概要>
日時:7月27日~11月23日

定員:30人

受講料:無料※県外視察研修、最終発表会への出席にかかる交通費も全額補助(離島の場合は、本島への交通費も全額補助)

申込:インターネット・メール・FAXで申し込む

締切日:7月19日

【申し込み】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る