Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

クボタ、戸田建設から3.8億円を資金調達 ルートレック・ネットワークス2021年7月1日

一覧へ

AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」を開発・販売する株式会社ルートレック・ネット ワークス(神奈川県川崎市) は7月1日、クボタ、戸田建設を引受先とした第三者割当増資により3.8億円の資金調達(シリーズC2ラウンド)の実施を発表。デジタル・ファーミングで、生産性の向上と環境負荷低減をめざす。

クボタ、戸田建設から3.8億円を資金調達 ルートレック・ネットワークス

ゼロアグリは、日本を含むアジアモンスーン地域に多く占める家族経営の中小規模生産者向けの、パイプハウスで活用できるAI潅水施肥システム。日射量や土壌水分、EC値など環境情報を元に、AIが作物の必要とする最適な潅水量と施肥量を計算し、自動で供給する。自動化による生産者の潅水施肥時間の省力化を実現するだけでなく、AIにより土壌水分が安定することで作物へのストレスが減り、収量増大と品質改善による生産者の収益向上へと繋げる。また、イスラエルの技術である点滴潅水による局所施肥で、最小限の水と肥料で栽培が可能となり、水の枯渇問題や多施肥による土壌への環境負荷を減らすことができる。

今回の資金調達により、これまで同社が展開してきた各地域と各作物への導入と栽培実証結果をもとに、本格的な社会実装を行う。クボタとは、全国に広がる販売網を通じて、ゼロアグリによる潅水施肥作業の自動化と生産性を向上させ、施設園芸のスマート化に取り組む。また、戸田建設とは、茨城県の戸田農房で2019年から研究開発を進めてきた、高設イチゴの栽培技術を進化させ、周年栽培が可能なイチゴ栽培技術の確立と普及に取り組む。

ゼロアグリは、土壌の環境制御システムであるため、既存のパイプハウスの構造や設備に依存することなく導入が可能。アジアモンスーン地域に広がる廉価なパイプハウスでも導入可能なシステムとして、今回の増資により海外への展開も視野にいれた取り組みを進め、農業のデジタル化を推進するとともに、農業生産と環境維持の側面から持続可能な農業の実現をめざす。

「ゼロアグリの展開イメージ「ゼロアグリの展開イメージ

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る