Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ニュージーランドにバーチャル出張「アグリテック2021」開催2021年7月5日

一覧へ

ニュージーランド大使館商務部とニュージーランド貿易経済促進庁は、同国として日本初となるニュージーランド企業・団体による農業技術、スマート農業に関するオンライン展示会「ニュージーランド・アグリテック2021」を、8月31日まで開催。8月17日から30日までの2週間の期間で実施する「ヴァーチャル・ビジネス視察」の参加者を募集している。

ニュージーランドにバーチャル出張「アグリテック2021」開催

オンライン展示会は、コロナ禍で日本とニュージーランドを往来できない企業や農業関係者がヴァーチャルで交流でき、開催期間中は、ニュージーランド企業によるオンライン・セミナー開催などを実施。例年なら日本からの来場者も多いニュージーランド最大の農業イベント「フィールデイズ」の現地レポートや、最新の農業機械工場のヴァーチャル視察など、ニュージーランドに出張したような体験を仮想的に提供する。

8月17日から30日までの2週間は、両国の農業関係者と団体がまるで両国を出張するような「ヴァーチャル・ビジネス視察」を実施。インターネット上で、「ニュージーランド・アグリテック2021」のサイトに登録すると、ニュージーランドへのヴァーチャル出張への参加と、ニュージーランド企業・団体によるウェビナーの聴講、ニュージーランド側とメッセージのやり取りによる会話などすべての機能を利用できる。参加費は無料で、日本からの参加者数上限は500人。参加登録すると、ニュージーランドの農業が理解できる冊子「ニュージーランド・アグリテック・ストーリー」日本語版をプレゼントする。

ニュージーランドの畜産ニュージーランドの畜産

【「ヴァーチャル・ビジネス視察」申し込み】

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る