Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

カキ、カンキツに果樹カメムシ類 県内で発生 神奈川県2021年9月9日

一覧へ

神奈川県農業技術センターは、カキ、カンキツ等に果樹カメムシ類(主にチャバネアオカメムシ)の発生を県下全域で確認。これを受け、9月6日に病害虫発生予察注意報第4号を発令した。

予察灯によるチャバネアオカメムシ成虫誘殺数は、伊勢原市(三ノ宮)と小田原市(根府川)で平年より多く、8月4半旬以降、急増している。フェロモントラップによるチャバネアオカメムシ成虫誘殺数は、南足柄市(怒田)で8月4半、旬以降急増しており、小田原市(根府川)で増加傾向にある。

カメムシ類が吸汁して増殖するヒノキ球果の劣化程度を示す吸汁痕(口針鞘数)の6地点平均数は 24.1 で、山林から離脱する目安となる25に近づいている。以上から、今後、チャバネアオカメムシ成虫の多くが果樹園に飛来すると考えられ、カキ、カンキツ等の被害が多くなると予想される。

神奈川県農業技術センターでは次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇ほ場内外を見回り、発生を認めたら直ちに防除を行う。

〇チャバネアオカメムシには黄色防蛾灯が有効とされている。

〇カメムシ類に適用のある防除薬剤は、次の通り(令和3年度県病害虫雑草防除指導指針等掲載農薬)。
・キラップフロアブル(カキ)
・アクタラ顆粒水溶剤(カキ/カンキツ)
・アルバリン又はスタークル顆粒水溶剤(カキ/カンキツ)
・ダントツ水溶剤(カキ/カンキツ)
・モスピラン顆粒水溶剤(カキ/カンキツ)
・アディオン乳剤(カキ/カンキツ)
・アグロスリン水和剤(カキ/カンキツ)
・アーデントフロアブル(カキ)
・テルスター水和剤(カキ/カンキツ)
・テルスターフロアブル(カキ/カンキツ)
・ロディー乳剤(カンキツ)

なお、農薬使用の際は、必ずラベルの記載事項を確認し使用基準を遵守する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る