JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

モモ、スモモ、ウメにヨコバイ 県内で初めて確認 山口県2021年10月19日

一覧へ

山口県病害虫防除所は、ヨコバイの発生を県内で初めて確認。これを受け、10月15日に病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

成虫(頭部に黒点あり)(写真提供:山口県病害虫防除所)成虫(頭部に黒点あり)(写真提供:山口県病害虫防除所)

8月12日に、山陽小野田市の家庭果樹のモモに葉が白化する被害が認められ、被害葉の裏面にヨコバイの一種を確認。その後、宇部市、長門市、山口市でスモモ、ウメにも同様の被害とヨコバイ類が確認された。神戸植物防疫所に採集した成虫の同定を依頼したところ、山口県内では報告のないヨコバイ科の一種 Singapora shinshana(和名なし)であることが判明した。

白化被害葉(ウメ)写真提供:山口県病害虫防除所)白化被害葉(ウメ)写真提供:山口県病害虫防除所)

同種の発生は、日本国内では沖縄県で初めて確認され、近年では令和元年以降、和歌山県、徳島県、埼玉県、京都府、大阪府、岡山県、群馬県、滋賀県、香川県、栃木県の 11府県で、ウメ、モモなどで確認されている。

成虫、幼虫ともに葉を吸汁し、被害葉は白くカスリ状となり、食害が進行すると葉全体が白化し、落葉。被害葉の裏面には幼虫の脱皮殻が多量に付着する。成虫の体長は 3.0~3.5ミリ。体色は黄緑色、複眼は黒く、頭頂部に黒斑点がある。詳しい生態は不明だが、ウメ、モモ、スモモ、ナシ、リンゴ等のバラ科果樹のほか、ポプラなどに加害することが報告されている。

現在、適用のある農薬はない。同防除所は対策として、同種の発生と被害の早期発見に努め、被害が確認されたら速やかに寄生葉ごと除去し、園外に持ち出し適切に処分することを呼びかけている。

葉裏の脱皮殻(ウメ)(写真提供:山口県病害虫防除所)葉裏の脱皮殻(ウメ)(写真提供:山口県病害虫防除所)

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る