センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

100以上の花つける「ウワミズザクラ」発見 研究素材や花木利用に期待 森林総合研究所2021年10月21日

一覧へ

森林研究・整備機構森林総合研究所と戸隠とがくしを知る会は、ウワミズザクラの新品種を発見し、「フサザキウワミズザクラ」と命名した。新品種は、発見した長野県のほか、宮城県から京都府の広い地域でも存在。果樹育種などの研究素材や新たな花木としての利用が期待される。

フサザキウワミズザクラ(左)とふつうのウワミズザクラの花序フサザキウワミズザクラ(左)とふつうのウワミズザクラの花序

「フサザキウワミズザクラ」は、長野県長野市の自然林から発見された。ウワミズザクラは長さ8〜10センチの花序軸に20〜50個の花を1本の花序軸につけるが、フサザキウワミズザクラは花序軸がさらに分枝して、それぞれに花をつけるのが特徴。1つの花序に全体で100個を超える花をつけることもあった。

フサザキウワミズザクラが開花している様子フサザキウワミズザクラが開花している様子

調査を進めると、このような花をつける個体は、宮城県から京都府にかけて広い範囲でも見られることがわかった。花序の変異を示す学術上の貴重な存在であることに加え、果樹育種などの研究素材や新たな花木として利用が期待される。「フサザキウワミズザクラ」は、新しい品種として10月20日発行の「植物研究雑誌96巻5号」に発表された。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る