BASFヘッドSP:シグナム
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

過去10年で最高 トマトにタバココナジラミ 県北部で発生 徳島県2021年11月1日

一覧へ

徳島県病害虫防除所は、コナジラミ類(主にタバココナジラミ)の発生を県北部地域で確認。これを受け、10月29日に病害虫発生予察注意報第4号を発令した。

タバココナジラミ成虫(写真提供:徳島県病害虫防除所)タバココナジラミ成虫(写真提供:徳島県病害虫防除所)

トマトとミニトマトについて、10月26日、27日に行った10月6半旬の巡回調査の結果、タバココナジラミを主とするコナジラミ類の発生圃場率が100%、寄生葉率が19.9%と平年(66.3%、4.2%)に比べて高く、いずれもコナジラミ類の発生が過去10年と比較して最も高くなっている。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇施設内への侵入を防ぐため、開口部は防虫ネット等(目合い0.4mm以下)で覆い、外部からの侵入を防止する。

〇高密度になると防除が困難となるため、発生初期から防除を行う。

〇花粉交配用昆虫等の有用生物を利用している場合は、影響日数に注意して農薬を使用する。

〇タバココナジラミは黄化葉巻病の原因であるウイルス(TYLCV)や黄化病の原因であるウイルス(ToCV)を媒介する。ウイルス病発病株は見つけ次第抜き取り、ハウス外に持ち出し適切に処分する。

〇防除等の詳細については、徳島県植物防疫指針を参照するとともに、薬剤の使用に当たっては、必ず農薬ラベル記載事項を遵守する。

タバココナジラミ幼虫(写真提供:徳島県病害虫防除所)タバココナジラミ幼虫(写真提供:徳島県病害虫防除所)

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る