第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
FMCプレバソンPC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

【注意報】ナシ、ブドウに果樹カメムシ類 県内全域で多発のおそれ 大分県2022年7月8日

一覧へ

大分県農林水産研究指導センターは、果樹カメムシ類(チャバネアオカメムシ、ツヤオアオカメムシ、クサギカメムシ)が県内全域で多発のおそれがあるとして、7月8日に病害虫発生予察注意報第2号を発令した。

宇佐市、国東市、津久見市)に設置している大分県果樹試験場3か所の集合フェロモントラップへの誘殺数は、6月4半旬以降、急激に増加。平年および直近の多発年である2020年よりも多い。

また、県内7か所に設置している集合フェロモントラップへの誘殺数は、日出町、国東市、佐伯市、宇佐市でも6月下旬以降、急激に増加。平年と直近の多発年である2020年よりも多くなっている。すでに県北地域の果樹園では、果樹カメムシ類の飛来が確認されており、梅雨明け前後の高温に伴い、餌を求めて活動が活発になったと考えられる。

福岡管区気象台が7月7日に発表した九州北部地方1か月予報によると、向こう1か月の気温は平年より高い確率60%と予測。果樹カメムシ類の活動が活発になると予想される。

同センターでは次のとおり防除対策を呼びかけている。

(1)園地への飛来時期や飛来量は、地域や園地によって異なるため、園地の見回りを徹底する。特に、山間部や山沿いの園地は被害を受けやすいので、注意する。また、飛来が多く認められた場合は一斉防除を実施する。

(2)薬剤散布は、果樹カメムシ類が園地に飛来する夕暮れ時から日没直後に行ない、虫に直接薬剤がかかるようにする。

(3)ピレスロイド系殺虫剤は、有用天敵等への影響が大きく、ハダニ類の発生を助長することがあるため、最小限の使用にとどめる。

(4)作物によって使用できる薬剤が異なる。防除に使用する薬剤は、大分県農林水産研究指導センター病害虫対策チームホームページ内にある「大分県主要農作物病害虫及び雑草防除指導指針」を参照する。なお、薬剤によっては、指針の更新日以降に登録内容が変更されている場合がある。容器のラベルに記載されている使用時期、使用回数等を遵守して使用する。

【大分県主要農作物病害虫及び雑草防除指導指針】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る