人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【注意報】さとうきびに黒穂病 多良間島で多発のおそれ 沖縄県2023年11月7日

一覧へ

沖縄県病害虫防除技術センターは、さとうきびに黒穂病が多良間島で多発のおそれがあるとして、10月30日に令和5年度病害虫発生予察注意報第3号を発令した。

(写真提供:沖縄県病害虫防除技術センター)

沖縄県病害虫防除技術センターによると、多良間島における10月上旬の調査の結果、夏植え及び株出しの発病ほ場率は93.8%、発病株率10.2%で、一部ほ場で発病株率35.5%と多発していた(図1)。

病原体は糸状菌の一種で、黒穂上の胞子は風や雨水で分散し、地上芽や地下芽に感染する(図2)。罹病茎は健全茎よりも草丈が長く細い。先端部は長い鞭状体(いわゆる黒穂)となる(図3)。発生は4月頃から見られ、6~7月に多くなる。8月に発生は少なくなるが、10月頃から再び増加する傾向がある。株出し回数が多くなるほど多発生となる傾向がある。罹病株から採苗すると植付後に発病し新植ほ場へ広がる。

同所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇発病株は鞭状体の出現前に抜き取り焼却を行う。

〇鞭状体の出現した茎は、胞子の飛散を防ぐために、ビニール袋をかぶせて抜き取り処分する(図4)。

〇発病ほ場や隣接ほ場から採苗しない。

〇植付け時に薬剤により苗を消毒する。

〇株出により黒穂病が多発したほ場や放棄ほ場は早急に更新する。

〇抵抗性品種を植え付けるようにする。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る