人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

水田のスマート水管理で東大大学院農学生命科学研究科と共同研究開始 ほくつう2024年3月29日

一覧へ

株式会社ほくつう(石川県金沢市)は、東京大学大学院農学生命科学研究科生物・環境工学専攻農地環境工学研究室と、水田水管理省力化システム「水まわり(みまわり)くん」を導入したスマート水管理の活用において共同研究を4月1日から開始する。

「水まわりゲートくん」ほ場での設置状況「水まわりゲートくん」ほ場での設置状況

同社は、農業の分野に於いて、長年培ってきた電気通信技術をベースに水田の自動水管理システム「水まわりくん」事業に取り組み、農家の水管理労力の削減や、品質改善、収穫量の増加、節水にも挑戦している。

今回の取り組みでは、水稲の冷水害が問題となっている寒冷地や山間地水田に当社が開発・製造・販売している水田水管理省力化システム「水まわり(みまわり)くん」シリーズの「水まわり(みまわり)ゲートくん(開水路タイプ)」を導入。スマート水管理の活用による水田の水温上昇効果を明らかにし、水稲の冷水害抑制のための水管理効果をさらに高める工夫および改善点を検討する。今後の共同研究の内容や成果の詳細につきましては、適宜公表する。

今回導入するスマート水管理機器「水まわりゲートくん」今回導入するスマート水管理機器「水まわりゲートくん」

◎「水まわりゲートくん」特長
1. 軽量コンパクトで持運び、取り付け、取り外しが簡単
・総重量3.2kg(バッテリー込み)と軽量
・一つのナットを回すだけで、簡単に取り付け、取り外し可能

2. 機側設定型と遠隔設定型の2タイプを用意
・用途に合わせて最適機種を選択

3. 設計寿命10年の長寿命機器

4. マルチホップ機能を搭載(遠隔設定型ご利用の場合)
・通信距離の延長、障害物等を避けての通信が可能

5. スタンドアロン運転機能を搭載
・通信障害が起きても、単独での自動運転を継続

6. 標準装備の水位センサーで水位の上限管理が可能
・タイマー機能と合わせて水管理を行う事でムダ水を削減

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る