農機・資材 ニュース詳細

2020.02.14 
ヤンマーと「スマートアシスト」インドで展開 NTTドコモ一覧へ

 NTTドコモとドコモのシンガポール現地法人・ドコモアジアは、ヤンマーと協力し、ヤンマーが提供するIoTを活用した機械の遠隔管理システム「スマートアシスト」を今春からインドで展開する。

インドでの「スマートアシスト」導入イメージインドでの「スマートアシスト」導入イメージ

 この取り組みでヤンマーは、IoTのグローバル展開を支援するドコモのサービス「Globiot(グロビオ)」を活用する。

 恒常的にローミングが規制される可能性があるインドは、国内で使用する通信デバイスの認証取得が必要な国。そのため、あらゆるモノがネットワークでつながる「IoT」機器を使ったサービスをインドで展開する場合、回線手配や現地規制の複雑な対応が必要となる。

 ドコモとドコモアジアは、現地の通信環境調査、現地規制対応、認証取得に関するコンサルティングや、最適な現地回線選定と提供など、ドコモがグローバル展開のために回線やオペレーション・コンサルティングをワンストップで提供する法人向けマネージドサービス「グロビオ」を用いて、運用開始後の回線関連のサポートや障害対応をワンストップで行う。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ