左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上高4.2%減 2020年12月期第1四半期決算短信 井関農機2020年5月22日

一覧へ

井関農機は5月15日、2020年12月期第1四半期決算短信(2020年1月1日~3月31日)を発表した。

同期間の売上高は、前年同期比13億9300万円減の319億6000万円で同4.2%減少した。

国内では補修用部品と修理整備等のメンテ収入が堅調に推移し、大型物件が完成した施設工事が増えた一方、消費増税後の不透明な需要環境に加え、新型コロナウイルス感染症拡大の影響にともなう展示会の中止による営業活動の自粛などにより農機製品などが減少した。国内売上高は前年同期比3億2600万円減の250億7200万円で前年同期比1.3%の減少となった。

一方、海外では、中国向けの田植え機半製品の出荷増や韓国向けトラクタの出荷が伸びたが、北米で一部商品に搭載した仕入れエンジンの入荷が遅れたことなどからトラクタ出荷が減少した。欧州では、為替の影響と新型コロナウイルス対策で現地の代理店が一時閉鎖されたため出荷調整を行い減少。アセアンはインドネシア向けトラクタの出荷が減少した。海外売上高は、前年同期比10億6600万円減の68億8900万円で前年同期比13.4減だった。

 
商品別の売り上げ状況は以下のとおり。

◎国内
トラクタ、乗用管理機など整地用機械は、57億3400万円で前年同期比14.9%減。田植機、野菜移植機の栽培用機械は17億5300万円で同20.6%減少した。また、コンバインなど収穫調整用機械は、20億9100万円で同25.3%減。作業機・補修用部品・修理収入は82億2400万円で同5.3%減。その他農業関連は72億6900万円で同46.4%増加した。

 
◎海外
トラクタなど整地用機械は48億8900万円で前年同期比18.3%減少した。田植機など栽培用機械は10億3200万円で同25.3%増加。また、コンバインなど収穫調整用機械は1億1600万円で同12.8%減、作業機・補修用部品は6億5500万円で同7.1%減。その他農業関連は1億9400万円で同37%減少した。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る