JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

ゼロアグリ展開するルートレック・ネットワークスが3社に第三者割当増資2020年6月30日

一覧へ

人工知能(AI)を活用した潅水施肥ロボット「ゼロアグリ」を開発・販売する(株)ルートレック・ネットワークスは、(株)農林漁業成長産業化支援機構、(株)オプティム、JA三井リース(株)の3社を引受先とした第三者割当増資を行い、2億6000万円の資金調達を実施した。

ゼロアグリゼロアグリ

今回の増資により、自動潅水・施肥制御技術の高度化と月定額サービス(サブスクリプション)の導入を行い、スマート農業事業を加速する。また、出資各社との事業提携により、新たなデジタル社会における持続型農業にも注力する。

ゼロアグリは、パイプハウス向けの土壌環境制御システム。日射量や土壌水分量、EC値といったセンサー情報を元に独自のアルゴリズムを用いて、作物が必要とする水と肥料を自動で供給する。土壌水分量が安定することで作物へのストレスが減り、収量増大と品質改善、生産安定化による生産者の収益向上を実現する。また、生産者の潅水施肥時間省力化も実現し、規模拡大に貢献する。

(株)ルートレック・ネットワークスは、2010年に総務省広域連携事業である「ICTを利活用した食の安心安全構築事業」に採択されたことを契機に、スマート農業事業に参入した。2013年からゼロアグリの提供を開始し、これまで全国の農家・農業試験場に累計240台以上を導入した。2018年には、第4回日本ベンチャー大賞(農業ベンチャー賞農林水産大臣賞)も受賞している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る