Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上高3%減 2021年3月期決算短信 三和ホールディングス2021年5月17日

一覧へ

三和ホールディングスは5月14日、2021年3月期決算短信を発表した。

売上高は、前連結会計年度に比べ3.0%減の4270億6100万円。営業利益は、前連結会計年度に比べ3.3%減の330億7700万円、経常利益は、前連結会計年度に比べ、4.0%減の321億4200万円。親会社株主に帰属する同期純利益は、前連結会計年度に比べ1.8%減の212億5100万円となった。

セグメントの業績は次のとおり。

<日本>
販売価格の見直しや昨年買収した(株)鈴木シャッターの新規連結効果もあったが、新型コロナウイルスによる数量減少が影響し、売上高は、前連結会計年度に比べ3.9%減の2311億3300万円。利益は、前連結会計年度に比べ0.1%減の262億1900万円のセグメント利益となった。

<北米>
新型コロナウイルスによる影響は大きいものの、住宅向けが堅調。外貨ベースで微増収となったが、為替の影響により、売上高は、前連結会計年度に比べ1.0%減の1171億5700万円(外貨ベースでは1.6%増)。利益に関しては、前連結会計年度に比べ14.4%減の77億3300万円のセグメント利益となった。

<欧州>
ヒンジドア事業は、新規連結効果もあり増収となったが、新型コロナウイルスによる数量減少が大きく、売上高は、前連結会計年度に比べ3.7%減の721億1600万円。利益は、前連結会計年度に比べ16.3%減の30億9200万円のセグメント利益だった。

<アジア>
鈴木シャッター香港の新規連結効果により増収となったが、既存会社でのコスト増が影響し、売上高は、前連結会計年度に比べ3.1%増の65億9100万円。利益は、前連結会計年度に比べ1億9100万円減の5億3900万円のセグメント損失となった。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る