Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

絵袋種子「実咲」シリーズ 秋の新商品12点を発売 サカタのタネ2021年5月21日

一覧へ

サカタのタネは、草花・野菜・ハーブ類の統一絵袋ブランド「実咲(みさき」シリーズに2021年秋の新商品として11点、景観用ボリュームパックに1点の計12点を追加。同社通信販売とサカタのタネガーデンセンター横浜などで6月上旬から順次発売する。

絵袋種子「実咲」シリーズ 秋の新商品12点を発売 サカタのタネ

ハクサイの「畑で長持ち黄芯白菜ちよぶき70」は、病気に強く家庭菜園でも育てやすい品種。耐寒性があり寒さの中でも大きく生育する。ハクサイの収穫遅れは、生理障害による食味の低下を引き起こすが、「畑で長持ち黄芯白菜ちよぶき70」は、生理障害に強く、収穫したい時期に食味のよいハクサイを必要な量だけ収穫できる。

そのほか、「畑で長持ち人参おこのみ」「強力大根秋相撲」など野菜の新商品では、少し収穫が遅れても影響が少ない新品種を取りそろえた。食べたいときに収穫でき、採れたての野菜を味わう家庭菜園の醍醐味を味わえる。

また、パンジーの「パシオシトラスカラーミックス」は、オレンジ、イエロー、プリムローズ、ホワイトの4色ミックスで、さわやかな色合いが楽しめ、暖かい時期でも草姿がコンパクトにまとまる品種。ミックスは華やかな見た目から園芸愛好家にも人気が高く、今回のシリーズラインアップで栽培する品種の選択肢を増やした。

クリムゾンクローバーの「ストロベリートーチ」は、耐寒性の強い品種で、見ごろを迎えるとイチゴの果実に似た赤い花穂を枝先に付ける。庭を彩る景観用としてだけでなく、花穂を切り取って切り花として観賞できるのも魅力の一つ。2021年「実咲」シリーズ秋の新商品各種は、全国の種苗店 、園芸店、 ホームセンター、オンラインショップを含む通信販売とサカタのタネ ガーデンセンター横浜で発売。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る