2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:プリンスベイト
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

中米市場向け品種開発・マーケティングを強化 メキシコに研究拠点開設 サカタのタネ2022年3月11日

一覧へ

サカタのタネは2月、メキシコのシナロア州クリアカン市に研究拠点「クリアカンイノベーションセンター」(CIC)を開設。果菜類の大産地である同市で、メキシコと中米市場向けの野菜の品種開発およびマーケティングを強化する。

メキシコシナロア州クリアカン市に開設した研究拠点「クリアカンイノベーションセンター」メキシコシナロア州クリアカン市に開設した研究拠点「クリアカンイノベーションセンター」

一年を通して高品質な野菜を生産できる多様な気候のメキシコでも特に太平洋沿岸に位置するクリアカン市は、果菜類の大産地であることに加え、灌漑設備や輸送インフラなども整っていることから、各種苗会社が研究拠点を設置している。同社は、2019年からクリアカン市の同地で農場を運営していたが、このほど、その土地および施設を取得。名実ともに同社の農場としての一歩を踏み出した。

「クリアカンイノベーションセンター」は、約14ヘクタールの敷地面積を活用し、同社のメキシコ・中米における研究活動の中心として機能させる。また、北米にある既存の4研究拠点とも協業し、現地のニーズに合った品種開発を加速。メキシコ・中米市場における同社の存在感を高めていく。

なお、同センターのメキシコでの名称は「Centrode Innovaciony Excelencia Nacional」で、略称は「CIEN」。「CIEN」はスペイン語で「100」を意味し、縁起のいい言葉として知られている。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る