BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

サクサク感で人気のインゲンに新品種2013年4月12日

一覧へ

 サカタのタネはつるなしインゲンの新品種「サクサク王子ネオ」を開発。4月中旬から全国で発売する。

「サクサク王子ネオ」 「サクサク王子」は同社が平成19年に発売した品種だ。従来の品種と異なり、インゲン独特のスジっぽさがなくサクサクとした歯ざわりで、くせのないさわやかな味わいがあると、直売所向けや家庭菜園などで人気が高い。
 しかし、収穫が遅れるとサヤにスジが入り、特長的な食感が失われたり、草丈が一般品種と比べて20cmほど高いため株が倒れやすいなど、栽培上の難点もあった。
 今回発売する「サクサク王子ネオ」は、食感と食味はそのままに、これらの栽培上の難点を克服した新品種だ。
 大きくなってもスジが発生しにくく、草姿はコンパクト。高温条件下でも生育しやすい。
 また、生育期間が55日間と「サクサク王子」に比べて5日間ほど短く、収穫期間も2?3週間ほどで短いため一斉収穫することができ、作業の省力化・コスト削減にも役立つ。1株あたり収量が約200本で、従来品種に比べて1.3倍ほど多いのも大きな特長だ。
 23年5月に千葉県で開催された野菜品種審査会では1位に輝き、試験栽培した生産者からは「暑さに強く、味もいい」、「高い支柱が不要なので栽培しやすい」など高い評価を得た。
 同社は「サクサク王子ネオ」を生産者向けに、「サクサク王子」を家庭園芸向けに、それぞれターゲットを定めて拡販していく考えだ。
 「サクサク王子ネオ」は税込み希望小売価格1デシリットル袋で651円、1リットル袋で5953円。4月中旬から全国のJAや種苗店を通じて販売する。初年度販売目標は1000万円。
 「サクサク王子ネオ」についての問い合わせはサカタのタネ野菜統括部(TEL:045-945-8802)まで。


(関連記事)

サカタのタネ ガーデンセンター横浜がリニューアルオープン 3月15日(2013.02.19)

ジニア「プロフュージョン」に3つの新色 サカタのタネ (2013.02.07)

ジプソフィラ「ジプシー」に待望の白色  サカタのタネ (2013.01.23)

高温下でも高い商品性 大輪パンジー「パシオ」シリーズ  サカタのタネ (2013.01.15)

100周年記念品種16アイテムに注目集まる サカタフェア2013 (2013.01.11)

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る