Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

野菜価格平年比1割安 10月の青果物市場2014年12月2日

一覧へ

 農水省は11月28日、全国の主要卸売市場(※)の平成26年10月の青果物卸売市場調査結果を公表した。

【野菜】
 10月の野菜の卸売数量は76万1000tで、前月に比べ12%増、前年同月比でも5%増だった。
 一方、1kgあたりの平均卸売価格は172円と前月比29%低下、前年同月比13%低下した。平年比でも9%低かった。全体の卸売価額は1313億円だった。
 夏の天候不順などの影響を受けて9月の野菜出荷数量は全体として少なかったが、その反動で10月が増えたため、価格は総じて下がった。品目別では、ピーマン、バレイショを除く12品目で卸売数量が前年同月比増となり、価格はサトイモが前年同月比並みだった以外は13品目で前年同月を下回った。
 品目別の卸売価格は、レタス109円(前年同月比37%安)、ハクサイ60円(同13%安)、ホウレンソウ496円(同13%安)、キャベツ86円(同9%安)など、葉物野菜の価格はいずれも前月に比べて4?6割ほど安くなっていた。

レタスの卸売数量及び卸売価格の推移(左)、はくさいの卸売数量及び卸売価格の推移

 

【果実】
 果実の卸売数量は25万tで、前月比18%増、前年同月比7%増だった。
 1kgあたりの平均卸売価格は234円で前月に比べ25%低下、前年同月比では7%低下した。全国の卸売価額は585億円で、ほぼ平年並みだったが、国産に限ると493億円で平年比5%安かった。
 品目別では、リンゴが卸売数量4万7000tで平年比8%増、価格228円で同6%安。ミカンは数量7万tで同1%増、価格147円で同11%安と、いずれも数量が増え、価格が低かった。
 10月の輸入果実は数量4万3000tで同19%少なく、価格は213円で同27%高だった。

りんごの卸売数量及び卸売価格の推移(左)、みかんの卸売数量及び卸売価格の推移

 

(関連記事)

野菜「週1回以下」が1割以上 JC総研が調査 (14.12.01)

機能性野菜が充実 タキイ種苗が新品種説明会(2014.11.13)

ミカン価格平年比15%安 9月の青果物市場(2014.11.06)

野菜価格、11月後半には平年並みに 農水省 (14.11.04)

ミカン、リンゴとも減る 26年産の栽培面積 (14.10.31)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る