左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

平成27年産 一番茶の生葉収穫量(主産県) 2%減少 農水省2015年9月1日

一覧へ

 農水省は8月25日、主産県の一番茶の生葉収穫量などを公表した。平成27年産の一番茶の生葉収穫量は12万9400tで、前年産に比べて2500t(2%)減少した。一番茶の標準的な茶期区分は3月10日~5月31日で、調査は4月~6月に実施された。

 生葉を加工し製造したものである荒茶の生産量は2万6500tで、前年産より500t(2%)減少した。
 主産県で茶を栽培しているうち、収穫を目的として茶葉の摘採が行われる一番茶の摘採面積は2万9800haで、前年産に比べ400ha(1%)減少した。
 10aあたりの生葉収量は434kgで、前年産に比べ3kg(1%)の減少となった。
 主産県の府県別は、荒茶生産量のうち48%を占める静岡県で1万2600tで前年産より100tの増加。次いで29%を占める鹿児島県が7570tで前年産より860tの減少。12%を占める三重県が3260tで前年産より270tの増加となった。他に京都府が1550tで前年産より40tの増加、奈良県が1030tで前年産より80tの減少、埼玉県が464tで49tの増加となっている。

府県別荒茶生産量

(関連記事)

平成26年産 パインアップル収穫量(沖縄県) 8%増加 農水省 (15.09.01)

平成26年産指定野菜 収穫量・出荷量2%増 農水省 (15.09.01)

平成26年産 ソバ生産費 10a当たりの収量が減少 農水省 (15.08.31)

平成26年産 テンサイ生産費 農業機械更新により10a当たり3.0%増加 農水省 (15.08.31)

平成26年産 原料用バレイショ生産費 10a当たり1.7%増 農水省 (15.08.31)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る