左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

4割の人が一日一回サラダを食べる2018年7月10日

一覧へ

・健康重視志向を反映。民間調査会社まとめ

 インターネット調査会社のマイボイスコム(株)は今回で4回目となる『サラダ』に関するアンケート調査を6月1日から5日にかけて実施し、1万565件の回答を得た。このほど、結果を発表した。

相変わらず人気の高いポテトサラダ それによると、サラダを1日1回以上食べる人は「ほぼ毎日食べる」24.2%、「1日に1~2回」14.3%と全体の4割近くにのぼった。全体の4割弱いた。サラダを食べる理由は、(1)健康に良い、(2)野菜をたくさん摂取できる、(3)食物繊維をとりたい、(4)食事の栄養バランスをとるなどが各4~5割を占めた。
 好きなサラダのタイプはポテトサラダ、グリーンサラダが各5割。トマトサラダ、マカロニサラダ、大根サラダ、ツナサラダなどが各4割だった。
 サラダの食材で、野菜以外で好きなものは、ハム、生ハム、卵、ツナが各4~5割を占め、海老、カニ、ホタテ、ワカメやヒジキなどの海藻類、パスタ、うどんなどの麺類、ナッツ類などが各30%台だった。
 市販のサラダ購入時の重視点は、「価格」と「味」が各6割、「野菜や具材の種類が豊富」、「鮮度」が各4割、「分量・サイズ」や「賞味期限・消費期限」、「原材料」が各3割だった。具材の種類の多さや分量、彩り、衛生面などにこだわるのは、特に女性の50代以上での比率が高った。

好きなサラダのタイプサラダを食べる理由

 

(関連記事)
晩酌は減り「料理作る」増える-父親の食生活(18.06.19)
惣菜市場10兆円規模に 「2018年惣菜白書」(18.05.25)
白菜もサラダで。サラダパックにみる冬野菜の新トレンド(17.11.07)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る